依存。

潜掘紀行シリーズの続きはまだです。

あれは読みものなのでそう思って読んでくださいね。

今日は別の話。

 

 

依存。

とても悪いことのように扱われる依存という言葉だけれど、僕は依存が悪いわけではないと思います。

 

そもそも依存とはどういう状態なのか、僕なりにまとめてみました。

まずはWikipediaを読みます。

 

依存(いそん、いぞん、英: dependence)とは、身体的依存を伴うもしくは伴わない、薬物や化学物質の反復的使用である。行動的依存、身体的依存、心理的依存は物質関連障害の特徴である。

 

他にも原因と考えられる現象や特徴、症状などつらつらと。

是非一回読んでみてください。

「依存」の2文字でぐぐるだけで読めます。

なんて簡単なの!

 

例えば依存体質の自覚があって、さらにその体質を改めたくて、これを読んでない人はどうしてなんでしょうか、

対象を知らないまま克服するのは天才的なセンスと運命的な幸運でもないと無理です。対象を知ることから始めましょう。

 

物凄く悪者に書かれています。

みなさんもなんとなくわかると思いますが、メリットは何も書いてません。

 

 

“無いからです。”

 

 

wikiを読んでいただけたらわかると思いますが、依存が開始してしまうと、それは個人の判断能力に著しく影響します。

 

 

依存状態になると脳が変化し始めます

医学的な依存症状、特徴の中から、気になったものがあります。

 

・精神依存

これは依存元の使用を中止した場合に強い不快感を覚えるなどの精神的離脱症状が現れることです。また自意識によって使用を抑制することができなくなります。

 

・身体依存

これは使用を中止した場合に痙攣などの身体的離脱症状が現れることです

 

・異常な執着

執着が強過ぎるために、依存したもの意外なものを放棄するようになります。それによって社会的問題が起きようと、肉体的問題が起きようよ辞めることはできません

 

・否認

病的な心理的防衛機制により、否認を多用するようになります。とにかく認めません。また依存元の追加摂取によってこれは強化されます。

 

・衝動性

将来よくない結果をもたらす可能性があるにも関わらず、目前の欲求を満たすために手っ取り早い行動をしてしまう特性のことです。

 

・強化

行為Aのあとに報酬Bが与えられることによる依存の強化です。

Aのあと必ずBが与えられるよりも、Aのあと一定確率でBが与えられる方が依存性の高まりが強いことがわかっています。

ギャンブル依存症によくみられる状況ですね、

 

離脱症状

不愉快な離脱症状を軽減または回避するため、同じ物、似た物、関連物を探し求め、摂取する

これによって依存は強化される。

 

 

以上が医学的な依存の見地ですね。

心当たりありますか?

僕は人に対する依存はやっぱりないです。

ただタバコとゲームには心当たりありますね、

 

対人依存は精神に対する影響が凄いです。

 

以前ツイートで「責任を押し付けること」と書きましたが、ある人は「自分の背負った荷物を一緒に背負ってくれることを求めること」と言っていました。

依存しない人間から見るとそう見えるんです

 

自分はあなたのためにこんなに苦しんでる。だからあなたも負担して。

どうしてあなたは楽でわたしはつらいの?不平等じゃない?おかしい。

わたしがこんなになったのはあなたのせい。

 

少しオーバーですけど依存癖がある子はみんな口を揃えてこういう態度です

被害者意識がすごく強い

当たり前ですよね?

自分の意思ではどうしようもないような求め方をしてるんですから

自分の意思で何も決めてこなかったのだから

依存してる自覚がないのですから。

 

依存は自覚すれば絶対にコントロールできます。

欲求が生まれた時、これは依存から来る欲求だとわかるからです。

不必要だけど、依存してるから求めるのを止められないとわかるからです。

 

まずはそこから始めよう?

人を愛することの前に、自分を知ることをしないといけないんだよ。

自覚して、受け入れること。

今まで何度もこの言葉を聞いてきたでしょう。

子供のままではいられないんだから

いい加減、自己受容しよう。

 

 

 

飛丸.

 

 

潜窟紀行.浅瀬

鍵を解くごとに徐々に鮮明になっていく

今まで無視してきた君のこと。その居所。

怒ってるかもしれないな

でもきっと待っててくれてるから

一度君と話をしないといけない。

 

解いたものは後ろ手で閉めて、邪魔が入らないよう。

 

 

 

 

....

 

 

 

 

周りに合わせようとしたんだ

うまく溶け込めていたのに

気づいたら暴力の中にいた

相手を気遣って、相手のして欲しいことを察して与えるたびに、少年の価値は下がっていった

 

他人の表現に押しつぶされた

歪んだ表現に屈した

 

ああこの人たちは抗ってるんだ

少年は膝をついて表現をやめたのに対して、この人たちはそうしなかった

 

少し、かっこよく見えた

身体中あざだらけで帰っても、助けは求められなかった

彼らは悪くない気がした

 

身体が傷つくのには慣れた

痛みにも、苦しみにも慣れた

心が傷つくのも慣れた

なにもかも壊されても、自尊心だけは保った

 

 

『世の中の全ての不利益は、当人の能力不足に因る』

 

 

小さい頃から心に刻まれている言葉

自分が弱いのが全ての元凶。

誰のせいにもできない。

人に頼っても自らを救うことはできない。

あてにならないものをあてにしてはいけない。

自分の身は自分で守らねば

 

 

 

.......

 

 

 

 

 

この頃からは僕も憶えてるよ

君を完全に閉じ込めてしまうのは間違いだった

おかげで引っ張り出すのが大変だ

 

 

 

T.

潜掘紀行.鍵

 

呼吸もできないほど深く深く、

光の届かないくらい、もっと奥にあるはず

まだ、まだここじゃない。

羅針盤はこっちを指してる。方角は合ってる

もっと、きっとこの向こうに...

 

 

今見つけるから。

 

 

.....

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「この子は人の痛みがわからない」

 

 

そんなことはないのに。とは思えなかった。

ただ、これは悪いことなんだと、そう思った

 

他の雛を傷つけては、親鳥に頭を下げさせた。

 

あんなに褒めてくれたのに

すごいね、上手だねって

普通こんなことできないって

たくさん金メダルをくれたのに。

真っ白のキャンバスに向かうのとは違うのか。

難しいな

 

外の雛も、親鳥も、真っ白だったらよかったのに。

邪魔するものなんて全部全部無くなってしまえばいいのに。

そしたらきっと楽しいのに。また褒めてもらえるのに。

面倒くさいな。

 

 

 

雛は自らを閉じ込めた箱に鍵をかけて、少年と呼ばれるようになった

 

 

 

 

もうあんなことは言われなかった。

これでよかったんだと思えた。

 

少年は他の雛や少女、少年たちと日々を過ごした。穏やかに、ゆっくりと

 

もう、キャンバスには向かえなかった

雛に戻ってしまうのが怖かった

もう戻る場所はないはずだった

 

これでよかったはずだった。

 

 

.....

 

 

 

みつけた。

ここからだ。

あとは順を追っていくだけ

もう少しで解る

今まで放っておいて悪かった。

今行くから。

 

 

 

T. 

弱さ。

台風も過ぎて、これから冬がやってこようかというところ。

 

寒くなると人肌恋しくなる。

よくそう言うけれど

暑い時期は人の近くに居たいと思わなくなるってだけなんじゃないかな。暑いから。

それか今まで何年もそう聞いてきたから、そう思っちゃう、プラシーボ的な何かなんじゃないかな。

 

 

プラシーボなのかトラウマなのか、

僕にはすごく怖い言葉があります。

 

 

「もう遅い」

 

 

これがすごく怖い。

 

 

手遅れになってから必死になるなんて僕にはできない。

 

小学校の頃、遅刻が多かった僕が担任の先生に言われた言葉。

「1秒も1時間も、同じ遅刻だ」

きっと1秒の遅刻も1時間の遅刻と同じだけの罪があるって意味で言ったんだろうけど

1秒だって遅れてしまえば急いだってもう遅い。

そんな風に聞こえてしまったの。

朝ごはんを我慢したところで

どんなに走ったところで、

 

“もう遅い"

 

 

 

 

 

だから手遅れにならないよう、前を見て、次の一歩の先の一歩、その先の一歩、更にその先の.......ずっとずっと先まで見ている。

出遅れて手遅れになってしまっては、本当に何もできないの。

目の前に現れてしまってからでは遅いの。

明日のことは明日にならないとわからない。

そんなこと当たり前だけれど、予想はできる。

地団駄踏んでその場でうずくまってる暇なんてないの。

もう遅いことに割くエネルギーなんてない。

そんなに僕は余ってない。

対処的な人からは、きっと何も生まれない。

僕は戦術的に生きてやる。

 

 

 

“もう遅い”なんて、二度と聞きたくない。

 

 

 

飛丸

触れて初めて。

携帯が壊れてしまってる間に一度春BARに行きました。

この日は小雪さんと月見さんが和装で素敵でした😍

そこで蓮さんに偶然会って、噂の體術を体験させて貰いました。

レポ楽しみにしてるね♡って脅されてるので、レポ書きますね、蓮さん🐼

 

んんんんん、

全然わからない........

あっちゃこっちゃに投げ飛ばされて

その度にどうしてそうなったのかわからない。

触られてないところが動かされるというか

とにかく脳みその理解が追いつかない。

コツを教えてもらってなんとなくわかったきがしても、

後日外で試しても全然出来ませんでした。

聞けば25年ほどやってここまでになったと。

それは1日2日じゃできませんよね。

もっと修行しなくちゃと思いました。

 

基本は身体の構造を知る事。

ただコツは、相手の呼吸を読み、乱すこと。

そこに自分の息を吹き込むこと。

なのかな、そんな気がします。

違ったらごめんなさい。

 

 

でもここまで曖昧に噛み砕くと、何でもそうなんじゃないかと。

エロ事をするときはもちろん、触れ合うとき、ましてや会話するだけのときですら、これは使えるんじゃないかと。

 

人には常に防御本能があって、それは触れるもの、見るもの、聞くもの、感じるもの全てから自らを護ってると思うんです。

 

人に手を突っ込んで、その奥のモノに触れようとするなら

まずはその防御を突破しなくちゃいけない

セックスのときも、抱き合うときも、会話するときも、それは同じ。

 

相手の呼吸を読んで、揺らして、中に入る。

何度も何度も、もっともっと奥へ。

潜ってゆく。もっともっと深くへ。

弾かれずに”それ”に触れられたなら

握りつぶさないように気をつけながら

そっと抱きしめて、

また来るね、なんて言って

外へ出て行く。

 

 

そんなコミュニケーションがすき。

愛情をもって人に触れたい。

みんなはどう?

 

 

 

そういえばそんな僕にとって、とっても怖い言葉があります。

それはまた次の日記で。

 

 

 

飛丸

 

 

携帯が復活しました。

いろいろと書きたいことはあったけれど、まずは直近の気持ちから。

 

 

嫉妬、

羨望、

独占欲

みたいな感情から行動に現れる、

嫌がらせ、

蹴落とし、

揚げ足取り、

足の引っ張り合い、

嫌味、

兎にも角にも何よりも、

嫌悪感やネガティブイメージの共有。

 

僕は20歳まで本当に男しかいない世界で生きてきたんですけど、嫌悪感や悪意の共有現象って無くて、女の人特有のものだと思ってた。

 

個人が抱いた黒い感情をわざわざ共有して、みんなで黒く黒くなっていく感じ。

人間の感情を共有する力が悪用されたかのような感染力。

 

でも最近になって、これは女の人特有ってわけじゃないんだなって

たまたま僕の周りがネガティブイメージを共有しない人達だっただけで、それかそういう人を無意識に周りに選んで生きてきたのかもしれないけれど、男にもそういうのあるんだなって

 

 

なんか、少しがっかりしました。

 

 

女の人はいい。そういうものだと思ってるし、彼女らもわかってて言ってるんだろうから

男のは嫌だ。自分は違うみたいな顔して同じようなことするじゃん

女々しいんだよそういうの。

 

 

例えば人の”性質”を面で捉えるとしたら

それは一枚のペラ紙じゃないでしょう

多面体であって、片方からは全部見られないものでしょう

その一面だけを見て、この人はこういう人なんだって思うのはもったいないよ。

でも100歩譲ってそれはいい。

個人が個人をどう思おうがそれは勝手だと思う

でもそれに悪意を添えて共有するのは女々しい

 

囲い込んでみたり、比べてみたり、はじいてみたり。

女々しいなって思う。

女の人だってそんなことしないよ魅力的な人は

 

何かを得るために手段を選ばないつもりでいて、結局先が見えてないだけじゃないのそれ

 

それもこれも僕には関係のないことだけれど

 

みんなももし気が向いたら、人の一面を見ただけで知った気にならずに、他の面も見るようにしてみたらいいと思う

 

どんな選択をするのかは自由だけど、だからこそ自分で選択しなきゃ

後悔しないように生きたって悔いは残るけれど

せめて自分で選んだならまだいいじゃない

 

 

 

だから自分で考えて決めようよ。

 

 

 

飛丸。

昼下がり

平日の‪お昼下がり

 

街中でもtwitterでも、僕の意識の前をたくさんの人が通り過ぎて行く。

 

歩いたりiPhone見てるときなんかは暇なので、少し興味が湧いた人の事をよく見てみる。

 

 

僕の価値観を宿した眼で見て、考える。

 

 

知らない人たちの、知らない物語に馳せる。

 

 

出しゃばりな僕は、面白そうな物語にはついつい参加したくなってしまう。

 

いつでも動機は単純で強い。

面白そう、愉しそう。

それだけで、それが全て。

 

 

そんな風に世界を見て産まれる言葉が、また僕の世界を象っていく。

不器用な言葉で、不器用に生きていく。

 

 

そんな昼下がり。

 

 

飛丸。